2013年10月19日

Mラジ第49回 〜菊花賞〜

(56:00)

クラシック最終関門!!

いよいよ決着を付ける時がきました。エピファネイアはタイトルを獲ることができるのか?ラストチャンス(鞍上的な意味で?)の秋。

長い苦難の果てに、あなたと越えたい、淀の坂越え。


今回は菊花賞ときたらやはり血統!ということでゲストには宝塚記念以来二度目のご登場となるmenkさんをお迎えしました!
長丁場の決戦ということで予想トークも少々長〜くなっております。ようやく秋らしく気温も下がってきましたので、長い夜のお供にこちらをお聞きになってお過ごしくださいませ〜〜〜


---------------------------------------------------------------------------
新コーナーが始まってます!
その名も「名馬ヒストリー」
名馬の歴史を穴埋め形式で出題しますので、皆さまなりの解答を送って下さいませ

(※必ずしも正解を送るわけではありません!!!※)

記念すべき1回目の名馬はディープインパクト
1.jpg

Q1.2002年誕生。父は大種牡馬  (1)  。デビュー戦ではのちに重賞を勝つ  (2)  に圧勝

Q2.史上2頭目の無敗の3冠馬になる。武豊に「走っているというより  (3)  」と言わしめる

Q3.しかし3冠達成後に出走したレース  (4)  で1歳年上の  (5)  に敗れ、初の敗戦を喫す

Q4.宝塚記念勝利後、世界最高峰のレース  (6)  に挑戦し、3着に敗れる(のちに失格)

Q5.G17勝の実績を引っ提げ種牡馬入り。代表産駒には  (7)    (8)  がいる

例)2002年誕生。父は大種牡馬モガンボ。デビュー戦ではのちに重賞を勝つ森且行に圧勝

全部でなくても分かるところだけで十分です^^
一緒に名馬の歴史を振り返りましょう〜。

メールはメールフォームよりお送りください。
あなたのメールが番組内で読まれちゃうかも!? しれませんよ!わーい(嬉しい顔)

※ラジオは金曜夜の段階ですので、最終予想と異なる場合があります。
続きを読むより下に予想印有りです。


☆菊花賞☆

<ブライト予想>
◎エピファネイア
○ケイアイチョウサン
△サトノノブレス
△ラストインパクト
△インパラトール
△ヤマイチパートナー

<MIO予想>
◎ヤマイチパートナー
○ケイアイチョウサン
▲エピファネイア
△テイエムイナズマ

<TAKUYA予想>
◎エピファネイア
○ユールシンギング
▲テイエムイナズマ
△ヤマイチパートナー
△ラストインパクト
△ダービーフィズ
△ナリタパイレーツ

<menk予想>
◎インパラトール
○ラストインパクト
▲ケイアイチョウサン
△ヤマイチパートナー
△ナリタパイレーツ
△マジェスティハーツ
△ヒラボクディープ



♪BGM素材♪
以下のサイト様の素材を使用させて頂きました。
フリーBGM・音楽素材 MusMus」様
闇詠乃 功良の『つまらない曲だけど』」様
健康音楽!vin-PRAD ビンプラッド」様
#雨上がりランデヴー
#シンシア



posted by SCL at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Mラジ本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リノラル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。